2014年03月

2014年03月31日

神社と歴史(一)近代(41)聖戦と八紘一宇

聖戦と八紘一宇
満州事変(1931年昭和六年~)から始まる戦争の時代において、政府は、この戦争は、天皇御稜威(みいつ)=威光を全世界に及ぼすと云う神聖な目的を持つ聖戦であると云う、この戦争を正当化する教義を国体の教義の中に組み込みました。
八紘一宇


この教義は、八紘一宇(はっこういちう)という標語とともに国民への普及が図られました。
八紘という言葉は四方四隅、即ち全世界を意味し、一宇という言葉は一つの家を意味します。
即ち、八紘一宇と云うのは全世界を一つの家とすると云う意味です。
八紘一宇と云う言葉は、日本書紀に伝えられている神武天皇の詔に由来するものです。
神武天皇は、己未(つちのとひつじ)の年、橿原を造営することを宣言する詔を発されました。
その詔の中に、然後兼六合以開都。掩八紘而為宇、不亦可乎その後国中を一つにして都を開き、天の下を掩(おお)いて一つの家とすることは、また良いことではないかという言葉があります。



mahorakususi at 17:39|PermalinkComments(0) 神社と歴史 | 近代

2014年03月28日

神宮御親拝(三)せんぐう館と斎宮歴史博物館

式年遷宮記念 せんぐう館
天皇、皇后両陛下 せんぐう館 

神宮御親拝のため、三重県伊勢市をご訪問中の天皇、皇后両陛下は、昨日三月二十七日午前、昨年の第六十二回神宮式年遷宮を記念し外宮に開館した 式年遷宮記念 せんぐう館に御着きになり、小堀邦夫館長より式年遷宮の流れについての説明を受けた後、伊勢神宮の神宝や装束に関する展示物や、外宮正殿の実物大模型などを御親覧あそばされになられました。

斎宮歴史博物館 (さいくうれきしはくぶつかん)
斎宮歴史博物館
同日午後、明和町にある飛鳥時代から南北朝時代まで、伊勢神宮に仕えた女性皇族 斎王 の宮殿などがあった 斎宮 に関する博物館=斎宮歴史博物館に御着きになられた天皇、皇后両陛下は、待ち受けた約百人の地元の保育園児や住民ら約千人の出迎えに笑顔で手を振られになり、館内では、池山マチ館長榎村寛之学芸普及課長が展示について説明され、両陛下は終始にこやかに斎宮歴史博物館内を御親覧あそばされになられました。

その日は、沿道などに計2万4000人が詰めかけ、天皇、皇后両陛下を歓迎しました。


天皇、皇后両陛下は、本日三月二十八日、 伊勢神宮を御発ちになり、吹上新御所にお戻りになられます。 



2014年03月27日

神宮御親拝(二)外宮先祭と神宮御親拝

外宮先祭(げくうせんさい)
下宮親拝なされた天皇陛下
一般的に、複数の神社を参拝する場合は、格の高い神社から低い神社の順へ参拝なされるのが正しいとされていますが、神宮(=伊勢神宮)の通常の神事外宮(げくう)内宮(ないくう)の順で行われ、これを外宮先祭と呼び、参拝外宮内宮の順で行なうのが正しいとされています。
豊受大御神(とようけおおみかみ)を伊勢の地にお迎えになった天照大御神(あまてらすおおみかみ) は、我が祭りに仕え奉る時は、まず豊受の神の宮を祭り奉るべし、しかる後に我が宮の祭り事を勤仕(つかえまつる)べしと重ねて命ぜられ、この御神託(ごしんたく)によって神宮では古くから重要な神事である三節祭(さんせつさい)六月の月次祭(つきなみのまつり)十月の神嘗祭(かんなめさい)十二月の月次祭(つきなみのまつり)においても、先ず、外宮(=豊受大神宮)でお祭りした後、内宮(=皇大神宮)でお祭りするという外宮先祭によって祭祀(さいし)が行われ、現在に至っており、これに倣って天皇陛下皇族方のお参りも外宮から先に行われています。


神宮御親拝 (じんぐうごしんぱい)
天皇、皇后両陛下は、昨日三月二十六日、式年遷宮を昨年終えた神宮(=伊勢神宮)両宮(外宮、内宮)御親拝あそばされになられました。
神宮慣例の外宮先祭に則り、午前に衣食住の神、豊受大神を祭る外宮(=豊受大神宮)を、午後は皇室祖神とされる天照大神を祭る内宮(=皇大神宮)御親拝あそばされになられました。
天皇陛下内宮親拝
内宮では侍従の先導で天皇陛下が玉砂利の参道を五百メートル程お歩きになり、真新しい社殿の御正宮に向われ、神職のお祓いを受け、中程の正殿に進まれ玉串を捧げ御拝礼あそばされになられました。玉串は陛下の姉で神宮祭主池田厚子さまが社殿にお納めになり、天皇陛下御親拝あそばされた後、続いて皇后陛下が同様に御正宮で御拝礼あそばされになられました。


天皇、皇后両陛下
は、本日三月二十七日、 式年遷宮記念 せんぐう館斎宮歴史博物館などを御親覧あそばされになられます。



mahorakususi at 12:39|PermalinkComments(0) 神宮御親拝 | 外宮先祭

2014年03月26日

神宮御親拝(一)神宮御親拝と剣璽御動座

神宮御親拝
神宮ご到着

天皇、皇后両陛下は、昨日三月二十五日午後、式年遷宮後の神宮(=伊勢の神宮)御親拝(ごしんぱい=陛下自ら皇祖神を祀る社を礼拝すること)あそばされになられるため、ご宿泊なされる内宮行在所(あんざいしょ=天皇陛下が神宮親拝の際、お泊りになる場所)に御着きになられ、天皇陛下の姉で神宮祭主池田厚子さまの出迎えを受けられ、式年遷宮の工事に携わった人たちを労われました。
内宮行在所


剣璽御動座(けんじごどうざ)
政教分離の観点から私的参拝とされる一方で、皇祖神に纏わる重要な礼拝と位置づけられ、皇位と共に伝わる三種の神器のうち、剣璽(けんじ)天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を携行する剣璽御動座が行われました。
剣璽動座


侍従二人がそれぞれ専用の黒い御筥(みはこ)に納められた(じ=曲玉)を掲げて両陛下に随行しました。
これは、前回の遷宮に伴う神宮御親拝以来二十年ぶりに皇居吹上新御所剣璽の間から宮城(きゅうじょう=皇居)外に持ち出されたこととなります。


天皇、皇后両陛下は、本日三月二十六日、神宮の新しくなった外宮内宮御親拝あそばされになられます。 



mahorakususi at 11:39|PermalinkComments(0) 神宮御親拝 | 剣璽御動座

2014年03月25日

神社と歴史(一)近代(40)紀元二千六百年記念式典と神祇院の設立

紀元二千六百年記念式典
1940年(昭和十五年)、この年が神武天皇の即位から2600周年の節目に当たる年とされたことから、宮城前広場(=皇居前広場)において紀元二千六百年記念(=皇紀二千六百年記念式典が盛大に開催されました。神国日本の国体観念を徹底させようという動きが時節により強められていたため、これらの行事は押し並べて神道色の強いものとなり、国民の祝賀ムードは最高潮に達しました。 
紀元二千六百年記念式典



神祇院(じんぎいん)の設立 
1940年(昭和十五年)、昭和初期の神祇官興復運動神祇特別官衙設置運動を受けて、皇紀二千六百年記念に際し内務省神社局に代わって設置され、神宮、官国幣社以下神社、神官および神職に関する事項を掌り、敬神思想の普及に努めました。




mahorakususi at 17:39|PermalinkComments(0) 神社と歴史 | 近代
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ