2014年10月23日

神道のことば(八)祭祀(108)神宮の祭祀(LIV)御船代祭(三)

神宮の祭祀 御船代祭(三)

延喜式には天照大神御樋代御船代の寸法が下記のように記されています。

御樋代(みひしろ)
(高さ)二尺一寸(深さ)一尺四寸(内径)一尺六寸三分(外径)二尺

御船代(みふなしろ)
(長さ)七尺三寸(内)五尺七寸(広さ)二尺五寸(内)二尺(高さ)二尺一寸(内の深さ)一尺四寸 

一寸の十倍の一尺を三十・三センチメートルとして換算すると、御船代 (みふなしろ)の長さは優に二メートルを超えるもので一木(いちぼく)でそれをつくるにはかなりの大材が必要とされます。
御船代02

御船代01
御船代祭 (みふなしろさい)はその良材を伐採するために、木の本 (このもと)に坐(ま)す神 をお祀りし、戴いた(ひのき)を二つ割にして、立派な御船代が製作できるように祈るお祭りです。

皇大神宮儀式帳によれば、当時、用材の伐採から御正殿内に御船代が奉納されるまでには約一年を要したようで、現在では用材の乾燥に細心の注意を払い、ひび割れを防ぐため、伐採から八年後遷御(せんぎょ)の日が近づいた頃に、御船代奉納式によって御正殿内に御船代は奉安されます。

尚、御船代祭木の本 (このもと)に坐(ま)す神 をお祀りする点では、御造営前段の祭儀とも考えらますが、用材を製材し、彫り上げるまでの作業の順調をも祈るため御造営後段の祭儀としてとらえられます。 
御船代祭(四)に続く

御船代祭 (直近は平成十七年九月十七日・十九日)
皇大神宮(内宮)   九月十七日 
豊受大神宮(外宮)  九月十九日    

mahorakususi at 05:39│Comments(0) 神道のことば | 祭祀

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ