社号

2013年12月13日

神道のことば(六)社号(7)社

(しゃ)
は、神社の省略された呼称で、神社とともに一般の神社に対する社号として広く用いられ、比較的規模の小さな神社の社号として用いられます。
天神社八幡社など、大きな神社から御祭神を分霊し祀る=勧請(かんじょう)した神社に多く見られます。 

桑津天神社








桑津天神社(くわづてんじんじゃ)大嵐天神社(おおあらしてんじんしゃ)若宮八幡社(わかみやはちまんしゃ)などがあります。




mahorakususi at 19:39|PermalinkComments(0)

2013年12月12日

神道のことば(六)社号(6)神社

神社(じんじゃ)
神社は、最も一般的な神社の社号として広く用いられています。
近世までは、神社、大社、宮などの社号に特別な基準はありませんでしたので、一つの神社が状況によっては違った呼ばれ方をするようなことも多く散見されましたが、明治時代に神社が国家管理下に入り、公認された神社だけがが神社の社号を名乗ることが許されました。而も、神宮や宮、大社を名乗るには天皇の許可=勅許(ちょっきょ)が必要とされる社格の高い社号とは区別されていました。

櫛田神社







神宮や宮、大社の社号を除いた凡ての神社が〇〇神社と称するようになったのは近代になってからで、それまでは〇〇明神や〇〇権現などと神名を社号としたり、〇〇稲荷、〇〇八幡と神社が省略されたり、〇〇としたりと、さまざまの呼称であったところを、凡て原則として〇〇神社と称することにしました。
終戦まで神社は、国家の施設であり、法令上の規則で、設備や財産などの条件に満たないものは神社と認められませんでした。


櫛田神社(くしだじんじゃ)厳島神社(いつくしまじんじゃ)大神神社(おおみわじんじゃ)西宮神社(にしのみやじんじゃ)八坂神社(やさかじんじゃ)浅間神社(あさまじんじゃ) などがあります。



mahorakususi at 21:39|PermalinkComments(0)

2013年12月11日

神道のことば(六)社号(5)大社

大社(たいしゃ)
大社は、謂わば、大きな神社の略称で、規模が大きく社格の高い神社に与えられた社号でした。
平安時代の延喜式神名帳に杵築大社(きづきのおおやしろ)出雲大社小槻大社(おつきたいしゃ)難波大社(なにわのおおやしろ)生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)の三社だけが記されていましたが、明治時代以降~戦後、旧官幣大社や旧国幣大社など大社格の神社が改称し、全国に多くの大社の社号を名乗った神社ができました。

出雲大社







元来、大社(おおやしろ)と云えば杵築大社(きづきのおおやしろ)=出雲大社のことを指し示していました。
戦後、大社に改称した大社格の神社には、春日大社松尾大社日吉大社熊野本宮大社熊野速玉大社熊野那智大社諏訪大社伏見稲荷大社住吉大社多賀大社三嶋大社宗像大社多度大社などの神社があります。



mahorakususi at 17:39|PermalinkComments(0)

2013年12月10日

神道のことば(六)社号(4)宮

宮(ぐう)
の社号は、鎌倉宮のように親王を祭神となされているような天皇や皇族をお祀りしている神社、筥崎宮のように由緒により古くから呼称として用いられている神社や、東照宮、天満宮、水天宮、八幡宮のように神仏習合時代に生まれた呼称の神社など、特別の由緒を認められた神社だけに許された格式の高い社号です。

筥崎宮







鎌倉宮筥崎宮(はこざきぐう)石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)大宰府天満宮水天宮東照宮などがあります。 




mahorakususi at 17:39|PermalinkComments(0)

2013年12月09日

神道のことば(六)社号(3)神宮

神宮(じんぐう)
日本書紀に記された日本最古設立の神宮は、神宮(伊勢神宮)石上神宮(いそのかみじんぐう)だけでしたが、平安時代より延喜式神名帳に、石上神宮に代わり鹿島神宮香取神宮が神宮と記載され、江戸時代まで神宮を社号とする神社は、神宮(伊勢神宮)鹿島神宮香取神宮の三社だけでした。

伊弉諾神宮








神宮の社号が付されている神社は、元来、皇室との関わりの深い神を祀る格式の高い神社で、皇室祖先神(皇祖)をお祀りなされている伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)霧島神宮鹿児島神宮などや、天皇をお祀りなされている橿原神宮平安神宮明治神宮などや、この他、熱田神宮などの特定の神社に限られます。


終戦まで、国家管理の下、神宮の社号を名乗るためには勅許が必要なほど最も格式の高い社号でありましたが、現在でもなお神社本庁傘下においては、神宮を公式な社号として名乗れるには特別な由緒を持つ神社だけに限られています。



mahorakususi at 17:39|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ