十三佛様

2013年03月22日

御佛様日和(14)虚空蔵菩薩様

第13番  三十三回忌 

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)
虚空蔵菩薩













安らぎを与え、「菩薩(完成された人格)」として生かしめる。
大空の心を授け、理想の姿を示す。


御真言 
「のうぼう、あきゃしゃ、ぎゃらばや、おんあり、きゃまり、ぼり、そわか」


虚空蔵菩薩様は、大空のこころを体現する菩薩様です。
平穏に安住することなく菩薩道を実践し続けることを表すため、
根本教主大日如来様のあとに、十三佛の殿(しんがり)として登場されます。 

功徳(現世)
大空の心を授け、理想の姿を示す。

功徳(来世)
安らぎを与え、「菩薩(完成された人格)」として生かしめる。


『十三佛抄』によりますと、
七回忌以降の三つ忌日では王が亡き人を断罪することはなく、
仏が直接亡き人を教化し引導すると述べられています。


三十三回忌 (満三十二年目)
丸三十二年を経て営まれる法要です。
この法要で「忌上げ」をする方が大半です。
なぜならば次の法要は五十回忌で施主も世代交代するからです。
忌上げというのは、「今後はその方の個人的な法要はせずに、当家のご先祖様として供養していきます」という意味です。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年03月21日

御佛様日和(13)大日如来様

第12番  十三回忌  

大日如来(だいにちにょらい)様 
大日如来













 
宇宙の根本教主として、一切の衆生を見守る。



御真言
 「おん、あびらうんけん、ばざらだどばん」

天地宇宙の中心であり全てである御佛様。
一切衆生は大日如来様 の深い優しさと限りない厳しさに満ちた大いなる懐に抱かれています。

功徳(現世)(来世)
宇宙の根本教主として、一切の衆生を見守る。



『十三佛抄』によりますと、
七回忌以降の三つ忌日では王が亡き人を断罪することはなく、
御佛様が直接亡き人を教化し引導すると述べられています。


十三回忌 (満十二年)
丸十二年を経て営まれる法要です。
十三回忌には宇宙の真理である金剛界大日如来様とひとつとなります。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年03月19日

御佛様日和(12) 阿閦如来様

第11番  七回忌  

 阿閦如来(あしゅくにょらい)
阿閦如来













新たないのちに向け、堅固な意志(金剛)を授ける。
迷いにうち勝つ強い心を授ける。




御真言 
「おん、あきしゅびや、うん」

阿彌陀如来様と反対、東の浄土におられるのが阿閦如来様。
「無動如来」ともいわれ、動じない堅固な意志を持ち、魔を下す強い力をお持ちです。

功徳(現世)
迷いにうち勝つ強い心を授ける。

功徳(来世)
新たないのちに向け、堅固な意志(金剛)を授ける。

『十三佛抄』によりますと、
七回忌以降の三つ忌日では王が亡き人を断罪することはなく、
御佛様が直接亡き人を教化し引導すると述べられています。



七回忌 (満六年)
故人様が亡くなられてから丸六年を経て営まれる法要です。
阿閦如来様の導きによって、さらなる菩提(ぼだい)心を起こし悟りの道へと精進することを促します。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年03月18日

御佛様日和(11)阿彌陀如来様

第10番  三回忌


阿彌陀如来(あみだにょらい) 五道転輪王様)

阿彌陀如来












極楽の教主として、亡者を教化する。 
安らぎの世界(浄土)を示し安らかな暮らしを導く。



御真言 
「おん、あみりた、ていぜい、からうん」

阿彌陀如来様は西方の極楽浄土の教主さまです。
極楽の住人を正しく教化するため説法に努められています。


功徳(現世)
安らぎの世界(浄土)を示し、安らかな暮らしを導く。

功徳(来世)
極楽の教主として、亡者を教化する。

三回忌  五道転輪王様としての審判
亡者の邪見・放逸の過、愚痴・無智の罪は車輪が廻るように、常に三途の獄にありとして煩悩をこらしめて善に導く。 

三回忌 (満二年目)
故人様が亡くなられてから丸二年を経て営まれる法要です。
この日は五道転輪王様のもとでお裁きを受けます。
守護してくれる佛様は阿彌陀如来様です。
極楽浄土へ亡者を導いてくれます。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年03月15日

御佛様日和(10)勢至菩薩様

第9番  一周忌 

勢至菩薩(せいしぼさつ)様 都市王

勢至菩薩












阿彌陀如来様の脇侍として、亡者を先導する。
佛の智慧を授ける。

阿彌陀如来様の右におられる勢至菩薩様は「智慧の菩薩」さま。
お姿は
法華経(しょうかんのん)様にそっくりですが、頭の宝冠に水瓶がついています。
そこから智慧の力をふりそそぐのです。


御真言
 「おん、さん、ざん、さく、そわか」

功徳(現世)
佛の智慧を授ける。

功徳(来世)
阿彌陀如来様の脇侍として、亡者を先導する。

一周忌  都市王様としての審判
一周忌に至って法華経を書写し、
阿彌陀如来様の像を造って追善すれば亡者の苦を抜くことができる。 

一周忌
故人様が亡くなられてから丸一年を経て営まれる法要です。
年忌法要の中では喪が明ける日として最も重要視されています。
この日は第9番法廷で都市王様のもとでお裁きを受けます。
守護してくれる御佛様は勢至菩薩(せいしぼさつ)様です。
智慧の光によって亡者を照らし、苦しみの世界から救ってくれます。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ