年忌法要

2013年03月25日

御佛様日和(15)年忌法要

年忌法要

年忌
(ねんき)とは、
祥月命日(しょうつきめいにち)、また、その日に営まれる佛事のことをいいます。
日本の佛教において、定められた年に故人に対して営まれる法要を、年忌法要(年回法要)といいいます。
追善供養のために営まれる。
「追」= 追加で
「善」= 善い行いを
「供」= お供えして
「養」= 亡き魂を養う(=育む)

法要の種類

法要の種類は大別して、
「逮夜法要(たいやほうよう)
「年忌法要」の二種類がございます。

逮夜法要
逮夜法要は中陰(故人が亡くなって四十九日間)に行う法要のことで、
初七日から四十九日(満中陰)までを指します。
この四十九日間で亡くなられた方の来世の行き先が決まります。

中陰とは
佛教では、人も動物も亡くなってから生まれ変わるまでの期間があるとされており、その期間を「中陰」といいます。
 
命には、
生有(生まれる瞬間)」
本有(生きている期間)」
死有(死ぬ瞬間)」
中有(生まれ変わるまでの期間)」
の四つの状態があるとされます。
そのひとつである「中有」が、
『死と生の間』、『陰と陽の間』であることから「中陰」と言い換えられました。

生まれ変わるまでの期間は四十九日間あり、七日毎に、

初七日(七日目・六日後)             秦広王(不動明王)様
二七日(十四日目・十三日後)         初江王(釈迦如来)様
三七日(二十一日目・二十日後)      宋帝王(文殊菩薩)様
四七日(二十八日目・二十七日後)   五官王(普賢菩薩)様
五七日(三十五日目・三十四日後)   閻魔王(地蔵菩薩)様
六七日(四十二日目・四十一日後)   変成王(弥勒菩薩)様
七七日(四十九日目・四十八日後)   泰山王(薬師如来)様

以上、7人の裁判官に生前に犯した罪を裁かれます。
この裁判において「少しでも罪を軽くしてください」と嘆願するのが、
初七日から四十九日(満中陰)の一週間ごとの法事となります。
 
 本年度版 年忌早見表(平成二十五年・2013年)
年忌早見表
























年忌法要
年忌法要は、四十九日のお裁きの結果、
三悪趣(地獄界・餓鬼界・畜生界)に落ちてしまったご先祖様を救うために行われる法要です。
生きている我々には亡くなられた方がどこの世界に行ったのかを確認するすべはありません。
もしこの三悪趣におちていたら大変ですので、ある種の保険として営むのものです。

百箇日(百日目)            平等王(観音菩薩)様

一周忌(満一年目)         都市王(勢至菩薩)様

三回忌(満二年目)         五道転輪王(阿弥陀如来)様

七回忌(満六年目)         阿閦如来様

十三回忌 (満十二年目)    金剛界大日如来様


十七回忌(満十六年目)
丸十六年を経て営まれる法要です。
次は胎臓界大日如来様とひとつになります。

二十三・二十五・二十七回忌
この三つの法要はその宗派によって、
二十五回忌のみの場合であったり二十三・二十七回忌のみであったりします。
 
守護して頂ける御佛様は、 
二十三回忌(満二十二年目) 般若菩薩様
二十五回忌(満二十四年目) 愛染明王様
二十七回忌(満二十六年目) 金剛界大日如来様


三十三回忌(満三十二年目)     虚空蔵菩薩様

五十回忌《遠忌》(満四十九年目)  金剛薩埵様

百回忌《遠忌》(満九十九年目)    五秘密菩薩様

四十九日(満中陰)をむかえて一人前の佛様として歩みだされた人は、兜率天《都卒天(とそつてん》という弥勒菩薩(みろくぼさつ)様の浄土をめざして修行がはじまります。
だいたい五十年かかってその最終的な場所、兜率天に到着するといわれております。


 「三十三回忌」、或いは「五十回(遠)忌」を最後の年忌にするのが一般的であり、「弔い上げ」、若しくは「問切り」と呼び、その時に、寺への寄進や永代供養を行う場合が多い。
尚、宗祖や中興の祖、その寺の開山などの僧などについて五十回忌以降に行われる年忌について遠忌と呼ばれることが多い。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ