十二縁起

2013年04月03日

佛教の教え(4)12の因縁 十二縁起

悟りへの道  十二縁起

十二縁起
























十二縁起(=十二因縁)
釈迦如来様(お釈迦様)が悟りを開き、最も初期に「四諦」とともに説いたものが「十二縁起」です。
上記の図のように、何故「苦」に満ちた人生が生じるのか、その仕組みを12段階で表したものです。
縁起の法則とは、あらゆるものは因縁=「因」と「縁」によって生じるという意味です。
「因」は直接の原因のことであり、「縁」は補助的な条件を意味します。

1.無明 (むみょう)
(因果道理を理解できない無知のこと)による、その無明から 
2.(ぎょう)
(縁に関わる力・行為)が生じ、行から 
3.(しき)
(心作用・識別・意識)が生じ、識から 
4.名色(みょうしき)
(名は心、色は形という形態)が生じ、名色から 
5.六処(ろくしょ)
(眼・耳・鼻・舌・身・意たる六種の感覚器)が生じ、六処から 
6. (そく)
(心が対象と接触し認識する)が生じ、触から 
7.(じゅ)
(苦楽と感受するはたらき)が生じ、受から 
8.(あい)
(苦を厭い楽を渇望する妄執)が生じ、愛から 
9.(しゅ)
 (欲しいという執着)が生じ、取から 
10.(う) 
(所有を欲する性格)が生じ、有から 
11.(しょう)
(生存性格を備えて生まれていること)が生じ、生から 
12.老死 (ろうし)
(生老病死の苦悩を受ける・生死輪廻)が生じる

 
苦が生じる段階(原因⇒結果)
現在の自分自身は、過去からの行ないの積み重ねによってあります。
そして、現在の行いは、未来に影響を及ぼすのです。

苦を減じる段階「結果⇒原因)
この縁起を逆に辿って原因を減らして行けば、安らぎへと近づことができます。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ