三十二相八十種好

2013年04月19日

御佛様日和(22)三十二相八十種好 八十種好(4/4)

三十二相八十種好


八十種好(はちじっしゅこう)
釈迦如来様(お釈迦様)の頭から足の裏まで凡てに亘って、
見える部分から見えない部分まで、三十二相を更に細かい特徴を記したもの。

釈迦如来 座像



















61)身持重
   身体に重量感がある。
62)其身大
   身体が大きい。
63)身長
   背が高い。
64)四手足軟淨滑沢
   手足は柔軟で浄らか、滑らかで光沢がある。
65)四辺光長一丈
   身体から放たれる光は長さが一丈ある。
66)光照身而行
   光は身を照らして遠くに届く。
67)等視衆生
   衆生を等しく視る。
68)不軽衆生
   衆生を軽くみない。
69)隨衆生之音声不増不減
   衆生の音声に随うも、声の大きさが増したり減ったりしない。
70)説法不著
   法を説いても、執著することがない。
71)隨衆生之語言而説法
   衆生の話す言葉の種類に随って、法を説く。
72)発音応衆声
   声を発すれば、衆生を同じ声を出す。
73)次第以因縁説法
   順に因縁を明らかにして説法する。
74)一切衆生観相不能尽
   誰も相を観て、明らかにし尽くすことがない。
75)観不厭足
   観相しても厭きることがない。
76)髪長好
   毛髪が長く好ましい。
77)髪不乱
   毛髪はまとまって乱れない。
78)髪旋好
   毛髪は好ましく渦巻いている。
79)髪色如青珠
   毛髪の色はサファイアのような青色。
80)手足為有徳之相
   手足は力に満ちている。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年04月18日

御佛様日和(21)三十二相八十種好 八十種好(3/4)

三十二相八十種好


八十種好(はちじっしゅこう)
釈迦如来様(お釈迦様)の頭から足の裏まで凡てに亘って、
見える部分から見えない部分まで、三十二相を更に細かい特徴を記したもの。

釈迦如来佛像













41)隨衆生之意和悦与語
       衆生の意のままに和やかに共に語る。
42)自毛孔出香気
      毛孔より香気が出る。
43)自口出無上香
       口より無上の香気が出る。
44)儀容如師子
       立ち居振る舞いの威厳あること師子のよう。
45)進止如象王
       歩くことも立ち止まることも象王のよう。
46)行相如鵞王
       歩くときとは片足づつ交互に運び、鵞鳥のよう。
47)頭如摩陀那果
       頭は摩陀那果のよう。
48)一切之声分具足
       声にはあらゆる音が備わっている。
49)四牙白利
       四本の牙が白く鋭い。
50)舌色赤
       舌の色は赤い。
51)舌薄
       舌は薄い。
52)毛紅色
       毛髪の色は紅色。
53)毛軟淨
       毛髪は軟らかく浄らか。
54)眼広長
       眼は広くて長い。
55)死門之相具
       死門の相が具わる。死はこの世からあの世へ行く門、
       不死の相ではないということ。
56)手足赤白如蓮華之色
       手足の色があるときは赤く、あるときは白い蓮華のようで
       濁っていない。
57)臍不出
       出臍ではない。
58)腹不現
       腹は常に隠されている。
59)細腹
       腹は脹れていない。
60)身不傾動
       身体は傾いていなくて、揺ぎない。 



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年04月17日

御佛様日和(20)三十二相八十種好 八十種好(2/4)

三十二相八十種好


八十種好(はちじっしゅこう)
釈迦如来様(お釈迦様)の頭から足の裏まで凡てに亘って、
見える部分から見えない部分まで、三十二相を更に細かい特徴を記したもの。

釈迦如来像 国宝























21)容儀備足
        容貌と立ち居振る舞いが美しい。
22)容儀満足
        容貌と立ち居振る舞いに欠点がない。
23)住処安無能動者
        立ち姿が安定していて、動かすことが出来ない。
24)威振一切
       威厳があり身振り一つであらゆる者を動かす。
25)一切衆生見之而楽
       誰でも見れば楽しくなる。
26)面不長大
       顔は長くも幅が広くもない。
27)正容貌而色不撓
       容貌が左右対称で歪みがない。
28)面具満足
       顔のすべての部分が満足である。
29)唇如頻婆果之色
       唇が頻婆樹の果実のように赤い。
30)言音深遠
       話すときの声が深くて遠くまで届く。
31)臍深而円好
       臍の穴が深く、円くて好ましい。
32)毛右旋
       身体中の毛が右に旋回している。
33)手足満足
       手足に欠けた部分がない。
34)手足如意
       手足が意のままに動く。
35)手文明直
       手のひらの印文が明快で真っ直ぐ。
36)手文長
       手のひらの印文が長い。
37)手文不断
       手のひらの印文が途切れていない。
38)一切悪心之衆生見者和悦
        どんな悪者も見れば和やかになる。
39)面広而殊好
       顔は広々として好ましい。
40)面淨満如月
       顔は満月のように浄らか。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年04月16日

御佛様日和(19)三十二相八十種好 八十種好(1/4)

三十二相八十種好


八十種好(はちじっしゅこう)
釈迦如来様(お釈迦様)の頭から足の裏まで凡てに亘って、
見える部分から見えない部分まで、三十二相を更に細かい特徴を記したもの。

耳輪垂














  1)無見頂相
  仏の頂上の肉髻(にくけい)が高く、見上げようとしても愈々高くなって見ることができない。
  2)鼻高不現孔
  鼻が高く、孔が正面からは見えない。
  3)眉如初月
  眉が細く三日月のよう。
  4)耳輪垂
  耳の外輪の部分が長く垂れている。
  5)身堅実如那羅延
  身体が筋肉質で、天上の力士のように隆々としている。
  6)骨際如鉤鎖
  骨が鎖のように際立っている。
  7)身一時廻旋如象王
  身体を廻らすとき象が旋回するように一体となってする。
  8)行時足去地四寸而現印文
  歩くとき足が地面を離れてから足跡が現れる。
  9)爪如赤銅色
  爪が赤銅色。
10)膝骨堅而円好
  膝の骨が堅く円い。
11)身清潔
  身体が清潔で汚れない。
12)身柔軟
  身体が柔軟。
13)身不曲
  背筋が伸びて、猫背にならない。
14)指円而繊細
  指が骨ばっていず、細い。
15)指文蔵覆
  指紋が隠れていて見えない。
16)脈深不現
  脈が深いところで打つので、外から見えない。
17)踝不現
  踝(くるぶし)が骨ばっていない。
18)身潤沢
  身体が乾いていず光沢がある。
19)身自持不逶
  身体がしゃんとして曲がっていない。
20)身満足
  身体に欠けた所がない。 



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年04月15日

御佛様日和(18)三十二相八十種好 三十二相(2/2)

三十二相八十種好 

三十二相 
(釈迦如来様(お釈迦様)の見てすぐに分かる姿形について三十二種類の特徴)

白毫相
















  
 白毫相


17)七処隆満相(しちしょりゅうまんそう)
   両掌と両足の裏、両肩、うなじの七所の肉が円満で浄らかである。 
18)両腋下隆満相(りょうやくげりゅうまんそう)
       両膝の下が充実している。
19)上身如獅子相(じょうしんにょししそう)
      上半身の威容が厳粛で、あたかも獅子王のようである。 
20)大直身相(だいじきしんそう)
       身体が広大端正で比類がない。
21)肩円満相(けんえんまんそう)
       両肩の相が円満豊膄(ほうしゅう)である。
22)四十歯相(しじゅうしそう)
       四十本の歯を有し、それらが雪のように白い。
23)歯斉相(しさいそう)
       歯はみな等しく、硬く密である。
24)牙白相(げびゃくそう)
       四十歯以外に四牙あり、とくに白く大きく鋭利堅固である。
25)獅子頬相(ししきょうそう)
       両頬が隆満して、獅子王のようである。
26)味中得上味相(みちゅうとくじょうみそう)
       食物はその最上の味を味わえる。
27)大舌相(だいぜつそう)
       舌が軟らかく薄く広く長く、口から出すと髪の生え際にまで届く。しかも、口に入 っても一杯にはならない。 
28)梵声相(ぼんじょうそう)
       声は清浄で、聞く者をして得益無量ならしめ、しかも遠くまで聞える。 
29)真青眼相(しんしょうげんそう)
       睫の色が紺青色で青蓮華のようである
30)牛眼瀟睫相(ぎゅうごんしょうそう)
       睫が整っていて乱れず牛王のようである。 
31)頂髻相(ちょうけいそう)
       頭上に肉が隆起して髻(もとどり)の形を成している。 
32)白毫相(びゃくごうそう)
       眉間に雪白の巻毛があって光明を放つ。


「相」と「好」をとって相好とも云います。相好は転じて、顔かたち、表情のことを云います。



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ