目から鼻へ抜ける

2013年04月12日

佛教由来のことば(3)目から鼻へ抜ける

目から鼻へ抜ける
目から鼻へ抜けるとは、非常に利口で賢いさまの喩え。
又、物事の判断がすばやく抜け目のないさまの喩え。

目から鼻に抜ける













日本昔話
大佛様の目玉

「あれ? どこだ? どこにいったんだ?」
ここは、むかしむかしの、奈良の大佛様がある東大寺です。
ある日、大佛様の目玉がぬけおちて、どこヘいったかわかりません。 
さっそく、京都や大阪から、大佛づくりの親方たちをよんできて、 
「大佛様の目玉を入れかえるには、どれほどのお金がかかる?」
と、値を見つもらせました。
すると、親方たちは、 
「千五百両は、かかる」
と、いうのです。
親方たちの考えでは、まず下で、大きな目玉をこしらえ、目玉ができたら、足場をくんで、大佛様の目にはめようというものです。 
寺の人たちは、 
「高すぎる、千両にまけろ」
と、いいますが、親方たちは、
「それでは、赤字です。こちらも商売ですから」
と、いいます。
「まけろ」
「まけられぬ」
「まけろ」
「まけられぬ」
そこへ、江戸からきた見物のひとりが、顔を出しました。 
「わしなら、二百両で、直しましょう」
それをきいた、親方たちは、 
「ばかにもほどがある。なんでこれが、二百両で直せるものか」
と、笑いました。
ところが、江戸の男は、こう考えたのです。 
(目玉がぬけおちて、見つからんとすりゃあ、大佛様のからだの中ヘおちたにちがいない。それをはめ直せばいいだけだ)
寺の人たちはお金がないので、江戸の男にたのむことにしました。 
男が目玉の穴から中に入ってさがすと、やっぱり目玉がありました。 
さっそく、かついで上にあげ、大佛様の目に、ピタッとはめました。 
坊さんや親方たちは、それを見ていましたが、 
「あいつ、目玉をはめたはいいが、じぶんはどこから出てくるつもりだ。出口はないはずだが」
と、なおも見ていると、あれ、あれ、あれっ。
なんと、大佛様の鼻の穴から出てきたのです。 
みんなは、感心して、 
「ほほう、目から鼻へぬけおったわい」
それからです。 
かしこい人のことを「目から鼻へぬける」と、言うようになったのは。


東大寺大佛殿の内部には、大佛様に向かって右に有名な「大佛様の鼻と同じサイズの穴」のあいた柱があり、実際に潜り抜けることが出来ます。
鼻の穴











 


柱の直径120㎝、穴の大きさは30㎝×37㎝。
この柱の位置が鬼門に当たるため穴が開けられたと云うことです。

この穴をくぐると無病息災のご利益があると云われています。




mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ