どんでん場

2014年10月31日

神道のことば(八)祭祀(114)神宮の祭祀(LX)御木曳初式(四)

神宮の祭祀 御木曳初式(四)

皇大神宮 (内宮)御木曳初式 の翌日、平成十八年四月十三日に豊受大神宮 (外宮)御木曳初式(おきひきぞめしき)が伊勢市内を流れる宮川の河川敷にある御用材貯木場より始まります。
宮川河川敷 貯木場
宮川河川敷の御用材貯木場に一旦納められた御用材の役木が橇に載せられ、先ずは宮川の中に入って行き、暫く川曳きされた後、再び曳き上げられます。これはその昔、川を遡ってきた御用材を陸揚げした場所に因み倣って行われるもので、その後、御用材の 役木 を載せた橇はどんでん場と呼ばれる堤防の上まで曳き上げられます。
どんでん場
どんでん場で一旦停められた御用材の役木を載せた橇は、長野県は諏訪大社御柱祭(おんばしらさい)木落とし の神事の如く、御用材の橇に乗った男衆が激しく役木を前後に揺らし水を切る所作をした後、奉曳団が橇に繋いだ綱を掛け声とともに堤防の向こうの道路側へと一気に駆け出して引っ張り、勢いよく堤防を駆け下ります。
御木曳初式 陸曳き
その後、役木御木曳車に積み替えられ、鳥居や楼閣などの飾りが施された後、木遣(きやり)の先導で町中を椀鳴りの音を轟かせ、エンヤ!の掛け声ととも 陸曳き され進んで行きます。
九丈殿広場安置所  
御木曳車エンヤ曳きされ外宮 北御門に着くと、神域内では掛け声や木遣をやめ静かに九丈殿前まで曳かれて行き、そこで 役木 が御木曳車から丁寧に下ろされ、そこからは造営庁の職員が九丈殿広場の安置場所まで運びます。御正宮の役木三本が九丈殿前の広場に安置されると、大宮司以下の神職及び参事以下の造営庁職員は 御正宮 に向かい、大御神八度拝八開手の拝礼を行い、多賀宮遙拝所にて多賀宮を拝礼して儀式は終了します。
多賀宮遥拝
また、多賀宮土宮月夜見宮風宮の別宮の 役木 は、それぞれの新御敷地へと曳き込まれます。

御木曳初式(むすひ)

御木曳初式 (直近は平成十八年四月十二日・十三日)
皇大神宮(内宮)   四月十二日 
豊受大神宮(外宮)  四月十三日 

mahorakususi at 05:39|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ