彼岸

2015年11月10日

神葬祭(三)祖霊祭(六)彼岸

神葬祭(三)

祖霊祭(六)

彼岸(ひがん)
彼岸は、季節の変わり目であるとともに、ご先祖さまをおまつりする日本古来の祖霊信仰に基づいた大切な行事です。
盆にはご先祖さまをお迎えするのに対し、彼岸にはお墓参りをしてご先祖さまに会いに行くといった意味合いがあります。

春分の日、秋分の日を中日(ちゅうにち)に前後各三日の七日間で、春は三月十八日ごろ、秋は、九月二十日ごろが彼岸の入りにあたります。春にはおはぎを、秋には、ぼたもちお供えします。

お彼岸の中日にあたる春分の日と秋分の日は、かつては春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい)、秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)という祭日でしたが今でも宮中では皇霊祭が行われています。



mahorakususi at 05:39|PermalinkComments(0)

2013年09月20日

祭祀・供養歳時記 (1) 秋の彼岸


佛教にございます彼岸会法要は日本独自のものとされています。

 

もともと彼岸は、この世での生を終えた後の世界(來世)=死後の世界に対して願う考えを基本とします。

 

この世に生まれてきた人は、生があるが故に、この世を終えた後の世界に関心を持つ、この内容から亡き先祖様を供養する行事としての慣習となっています。

 
 

彼岸(ひがん)と此岸(しがん)

あの世(來世)とこの世(現世)を表し、二つの世の間には、三途の川が流れているとされる。

 
 

まんじゅしゃげ彼岸花は、「天上の華」とされ、大変

目出度い兆し、おしるしの華と云えます。

 

P1010431
 

 

彼岸花は、生命力旺盛な植物ですので、痩せた土地で

あっても立派な華を開花します。

 

 

秋の彼岸は、実りの秋、結実の秋、豊穣の秋等々の季節

でもあります。

 


 P1010481

 

人にある人生歳時記、お彼岸週間に先祖樣を敬い感謝する

我が家の家系(血脈)内容を知って供養をいたしましょう。

 

 



mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)

2013年07月22日

佛教の教え(9)六波羅蜜①六波羅蜜とは

六波羅蜜(ろくはらみつ)
印度(インド)のガンジス川沿いにいらっしゃったお釈迦様は、よく川の喩えをお使いになられました。
こちらの川の岸は、四苦八苦の世界。
対岸の川の岸は、苦を滅した世界。
向こう岸《彼岸(ひがん)》 の幸せな世界に渡ることを「彼岸に至る」と申します。
「彼岸に至る」ことを、サンスクリット語で「パーラーミター」 と云います。
般若心経(はんにゃしんぎょう)の中の「般若波羅蜜多(はんにゃはらみた)」の「波羅蜜多」であります。
「般若」は「智慧」、「波羅蜜多」は「向こう岸に渡る」を意味し、般若心経は、智慧によって向こうの岸、つまり迷いや苦しみのない悟りの境地に達する筋道を説いたものです。
「波羅蜜多」は、音を 写しただけのもので、その文字そのものにあまり意味はありません。
因みに「お彼岸(春・秋)」はこのことに由来しています。
「四苦八苦」を滅するには「八正道」に従えばよいが、出家していない庶民には難しい実践法であります。
そこで普通に暮らす私共が日常の中で実践しやすいものとして 「六波羅蜜」が説かれるようになりました。

六波羅蜜 




mahorakususi at 18:00|PermalinkComments(0)
いのちの育み
Honesty is the best policy
いのちの神さま
多賀大社 多賀大明神様
お伊勢参らばお多賀へ参れ
お伊勢お多賀の子でござる

我が家のルーツを知る
喜びと感謝!
感謝の縁 境涯を拓く 奇し
伊勢の神宮様
日本人の総氏神様御鎮座
日本人の心のふるさと

『平成26年はおかげ年』

『平成27年 むすひ
人と人とを結ぶ縁〜
心の中に思い描く連想』

『平成28年 むすひ
昭和天皇 今上陛下の
式年遷宮に込められた
御製と遷宮に寄せる思い〜
神道のまめ知識など』

『平成29年 むすひ
伊勢志摩サミットと神宮
神棚の特集など』
水の神さま
貴船神社樣
大地より龍神さま立ち昇る
氣の集まる 生命の根付
心一つに 縁結びの神さま
不易の智恵文化
日月の祈り
今井大権現神社様

『和』神佛習合文化の國
くすしの智慧で築く〃今〃
健康 富 仕合わせ基盤

自然界の神々への祈り
日月星辰
家筋 血筋 家庭の安泰
カテゴリ別アーカイブ